沿革

平成30年3月
「三陸フィッシャーマン サカナの家」から「居酒屋ちょーすけ」にリニューアル運営開始。
平成29年11月
「21F.ROBATA&BAR テンノクラ」運営開始。
平成29年9月
「Local Diner & Terrace Bar VALNICO」運営開始。
平成29年8月
「肉炉端 TOKYOBAT」運営開始。
平成29年6月
「三陸漁師直結 海鮮居酒屋 かくれ天海 とげぼうず」から「ガッツリ肉とワインとハイボール 一番町ミートブラザース」にリニューアル運営開始。
平成28年7月
「肉汁屋台 ヨイトマケ餃子」から「大衆酒場つだちゃん」にリニューアル運営開始。
平成28年7月
「宮城県女川町 産直鮮魚とマグロの明神丸」から「三陸港町酒場 女川男(オナガワマン)」にリニューアル運営開始。
平成28年7月
「三陸オイスター&ジャパニーズシーフード GARDENS(ガーデンズ)」 開業
平成28年7月
「FishBone's Diner~フィッシュボーン ダイナー~」 開業
平成28年3月
「奥州ろばた センダイエキ天海」 開業
平成28年2月
「漁業直送 三陸かき酒場」から「肉汁屋台 ヨイトマケ餃子」にリニューアル運営開始
平成27年11月
全国地産地消優良活動表彰 農林水産省 食料産業局長賞受賞
平成27年8月
「宮城県女川町 産直鮮魚とマグロの明神丸」 運営開始
平成27年8月
「三陸カキ小屋 THE OYSTER MANS」 運営開始
平成27年3月
「三陸フィッシャーマンズ サカナの家!」 運営開始
平成27年2月
食材王国みやぎ推進優良活動表彰 地産地消分万 大賞受賞
平成26年8月
仙臺大衆酒場「天海のてっぱんや」から、ガッツリ肉とワインとハイボール 「東口ミート酒場」リニューアル運営開始
平成26年06月
「日本一の宮城の魚が喰える店 三陸 天海のろばた」運営開始
平成26年05月
関連組織 一般社団法人東北食の力プロジェクトが農林水産省主催 ディスカバー農山漁村の宝に認定
平成25年11月
「娯楽の殿堂 百人屋台 国分屋」から「漁師と料理人の鮮魚酒屋 三陸天海一家」リニューアル運営開始
平成25年06月
「三陸漁師直結 海鮮居酒屋 かくれ天海 とげぼうず」運営開始
平成25年03月
「熱血霧島やきとり 一本どっこ 仙台夜市店」から「漁場直送 三陸かき酒場」リニューアル運営開始
平成24年11月
「娯楽のホームラン酒場 あっぱれ商店」から「地魚屋台 天海のろばた 分店」リニューアル運営開始
平成24年11月
「立喰屋台 あねっ娘やきとん国分屋 分店」から「熱血霧島やきとり 一本どっこ 国分町店」リニューアル運営開始
平成24年10月
「旅館的個室酒場 鍋屋兼臓 ~ナベケン~」から「日本一の宮城の魚が喰える店 漁場直送 第十一天海丸」リニューアル運営開始
平成24年06月
「朝獲れ直送ホルモン 大崎肉市場」 運営開始
平成24年04月
「三代目日乃出屋」から「立喰屋台 あねっ娘やきとん国分屋 分店」リニューアル運営開始
平成23年12月
「日本一の魚バカ市場 石巻港 津田鮮魚店」 運営開始
平成23年09月
本社移転、および社名を株式会社スタイルスグループに変更。
平成22年11月
「娯楽のホームラン酒場 あっぱれ商店」 運営開始
平成22年11月
【FC・プロデュース店】昭和歌謡酒場 プレイバック
平成22年10月
「仙台駅東口 天海ハマ市場」 運営開始
平成22年09月
「旅館的個室酒場 鍋屋兼臓 ~ナベケン~」 運営開始
平成22年03月
百人屋台「国分屋」運営開始
平成21年12月
熱血霧島やきとり「一本どっこ」運営開始
平成21年07月
【FC・プロデュース店】奥州海鮮市場「丸正水産」運営開始
平成20年12月
奥州魚屋酒場「浜やき天海」運営開始
平成20年04月
奥州魚河岸酒場「天海のろばた」運営開始
平成20年01月
仙臺大衆酒場「天海のてっぱんや」運営開始
平成19年11月
国分町立呑酒場「三代目日乃出屋」運営開始

スタイルスグループ リクルート特設サイト

スタイルスグループでは、仙台エリア、東京エリア、ともに新しい感性を必要としています。
新規採用から中途採用まで、詳しくは専用サイトをご覧ください。

特設サイトへ